配置薬について

置き薬の由来

置き薬の由来

元禄3年(1690)に富山藩第二代藩主前田正甫(まえだ まさとし)公が江戸城内で激しい腹痛に苦しむ大名に、印籠から取りだした自藩の『反魂丹(はんごんたん)』を取り出して服用させたところ、たちまち腹痛が平癒した。それを見た諸国の大名たちが、是非自分の領内で富山の『反魂丹』の売り広めることを懇願したのが、配置家庭薬販売業の始まりとされています。現代のような医療保険制度が確立されておらず、広く一般に医療や医薬品の供給が普及浸透していない時代にあって、地域の人々の病気治療や健康維持に大きな役割を果たして来た歴史と伝統のある業といえます。

先用後利(せんようこうり)の精神

置き薬の販売方法は、『先用後利』という独特なもので、お客様に薬をまず預け、その後に定期的に訪問し、ご利用頂いた分だけの料金を頂くものです。
この販売方法は、今でこそ医薬品医療機器等法にもキチンと定められておりますが、江戸時代に置き薬の販売が始まった時から既に用いられており、当時としては画期的な販売方法でした。
そして、この方法が誕生した背景にあるものこそ、正甫公が説いた『用を先に利を後にせよ』といういわゆる『先用後利』の精神だったのです。
この精神は、今も脈々と受け継がれ、お客様と信頼関係を築く上で、大きな効果を発揮しています。

人々に健康と安心と笑顔を届ける

正甫公の命により、配置家庭薬の販売が始まった当初から、『売薬さん』達の間では『薬を売る前に人を売れ』と言われる程、得意先との信頼関係を最も大切にしてきました。
せっかく薬を預けても、必ずしも使ってあるという保証はどこにもありません。その上、当時は今の様に新幹線や飛行機、車等も無い時代です。にもかかわらず、売薬さん(当時の呼び名)達は、自らの足で長い道のりをかけて得意先を訪ね、病気に悩む顧客の相談に乗って的確なアドバイスを行ったり、時には励ましたりして、生きる希望を与えました。又、浪曲や浄瑠璃を語って聞かせる等を行い、楽しませたりもしました。
こうして病気そのものを治すだけでなく、心の【癒し】に努めた売薬さん達の販売姿勢がやがてお客様からの信頼確保につながり、ひいては、庶民から幅広い支持を集めることにもなったのです。
同時にこの信頼関係は親から子へ、子から孫へと代々受け継がれ、その結果、320年余り経った今でもなお、配置家庭薬業は地域医療の担い手として、定着しているのです。

PageTop