応急手当

子供の応急手当

熱が出た!

まずは、検温し、症状をきちんと観察します。発熱の重症度を見分ける事が大切です。『熱が出る』という症状は、乳幼児によくある症状です。発熱の原因で最も多いのは風邪で、軽いせきや鼻水、軽い嘔吐や下痢をともなっています。全身状態を観察して、病院に行きましょう。

正しい体温の確認
乳幼児は、平熱が36.6~37.5℃と高いです。
わきの下にきちんと挟まないと不正確になるので、注意が必要になります。
耳式は、0.5℃ほど高めです。耳式はあて方が悪い場合や、6か月未満の乳児では、不正確に出る事があります。
体温は、健康のバロメーター
発熱した場合、お子さんの額に手をあてただけで、「熱い!」とあわてないようにしましょう。手のひらでは正確な体温はわかりません。
まず、検温する習慣をつけましょう。
また、熱の高さは必ずしも病気の重さとは、一致しません。
発熱にともなう症状の観察
元気があるか、水分が十分にとれているか、せき・嘔吐・下痢をともなっていないか、を見ましょう。
また、風邪の症状が全くない場合も注意が必要です。
すぐに病院につれていくべき発熱状態を知りましょう。
3ヶ月以下の乳児で38℃以上の発熱がある。
40℃以上の発熱がある。
脱水症状(口腔粘膜の乾燥、尿の量が少ない)がある。
3ヶ月~2歳の乳幼児で24時間以上の発熱をともなうが、風邪症状、下痢などの症状を認めない。
24時間以上の解熱期を経て発熱が再燃した。
3日以上発熱が続く。
呼吸困難がみられる。
手足をいつものように動かさない。
強い昜刺激性(何をしても泣きやまない場合、特に抱きあげると嫌がる場合)がみられる。
上記の症状が見られる場合は、すぐに病院に連れて行き診断してもらいましょう。
発熱に対する対応
水分補給しましょう。
38.5℃以下では原則として、解熱処理の必要はないです。
40℃以上では、積極的に氷などで冷やしましょう。
高熱時に、毛布などで熱をこもらせるのは良くないです。

ずっと吐いている

全身状態を観察して、ぐったりしているならすぐ病院へ行きましょう。嘔吐の回数が多いときや下痢をともなうときは、脱水症になる危険があります。

確認を行いましょう
吐いたものの内容(血液やコーヒーのようなものが含まれてないか)
吐いた回数が多いと、脱水状態になります。
尿がでているか。下痢はしていないか。
嘔吐の原因を確かめましょう。
子どもの嘔吐は、お腹の病気とは限りません。
乳幼児の場合、心配の無い嘔吐もあります。
しかし、病気が原因の場合は、発熱、腹痛、下痢、意識障害などの他の症状をともなうことがあるので、よく観察して医師に伝えましょう。
応急処置
嘔吐を繰り返すときは、いったん経口摂取(乳や離乳食)はやめましょう。
少しずつ水分補給を開始します。少しずつ何回も与える事が基本となります。
吐かないようなら、だんだん経口摂取(乳や離乳食)を増やしていきます。
吐くのがおさまらない場合は、補液(血管の中に液体を入れること)が必要になるため、病院に行きましょう。
してはいけない事!
吐き気が止まってすぐに飲みたいだけ飲ませたり、普通の食事を与えたりすると、また吐いてしまうことが多いので、注意が必要です。

発疹が出た!

熱の出る発疹は、はしかや溶連菌感染症などの伝染性の病気が多いです。

発疹の観察ポイント
大きさ、分布、水ぶくれ、もりあがり、場所が時間と共に変化するか、掻くとひどくなるか、を調べましょう。
発疹にともなう症状の確認
発熱はあるか、かゆみはあるか、目は赤くないか、舌の変化はないかを確認しましょう。
発疹に対する対応
発疹は、原則的に病院で診断を受けましょう。
高熱が続くとき、また全身症状をともなう時は特に注意しましょう。
発疹は、ひっかかない
発疹のかゆみがひどいと、子どもはつめでひっかきますので、要注意です。
その傷からばい菌が入って化膿することがあり、治りが遅れたり、跡が残ったりします。
爪を短く切って、手はきれいに洗っておきましょう。
食物・薬物アレルギー
食事や薬との関係については、それらを口にしてから1時間以内に発疹が出る場合、食物・薬物アレルギーの疑いがあります。ただし、時間的な関連が明確ではないものもあります。

やけどをした!

やけどの原因を把握します。
やけどの原因を確かめます。熱湯、火、花火、薬品などの化学物質等が考えられます。
やけどの範囲を把握しましょう。
落ち着いて、やけどの面積や深さを観察しましょう。
服を着たままのやけどの場合
皮膚に密着した衣類の上からのやけどは、無理に服を剥ぎ取ると皮膚までむけてしまうことがあるので、全体を冷やしてからそっと服を脱がしましょう。
乳幼児では、体表面積の15%以上をやけどした場合、命に関わる状態となります。やけどの状況を観察しながらただちに病院に行きましょう。
応急処置
とにかく冷やします。流水・氷のうなどを用い、清潔な状態で30分程度冷やしましょう。
※冷却をきちんとするかで、やけどの程度が変わってきます。
皮膚科や外科に行きましょう。
冷やしたまま病院に連れて行きましょう。
病院を受診する場合は、処置の妨げになるので、患部を冷やすだけにし、民間療法は止めましょう。

異物をのみこんだ!

呼吸に異常が無い場合は、あわてず、まず、吐き出す手当をしましょう。

直後に観察するポイント
何を飲み込んだか、あるいは吸い込んだか確認しましょう。
飲んだものと同じもの、包装、注意書きなど参考になるものを探し、病院に持参できるようにしましょう。
症状と考えられる原因
呼吸困難となり、急に始まる激しいせきなどがあるときは気道に異物が入っています。
飲み込みの障害があるときは、食道で異物が止まっています。(よだれが多く出ます。)
中毒症状(嘔吐。反応が鈍い、興奮状態)があるときは、毒物を飲んでいます。
特に、6ヶ月から2歳頃までの乳幼児は、何でも口に持っていってしまうものです。
子どもの手の届く場所には、タバコ、豆類、クリップなどは絶対においてはいけません。
応急処置
気道異物の場合
背中を叩く。
効果が無い場合は、病院で対応する。
消化管異物の場合
鋭利なものは消化管損傷の恐れがあるので、直ちに病院に連れて行く。
毒性のあるものは、直ちに病院に連れていく。
タバコの誤飲の注意点
乳幼児の異物誤飲では、タバコがいちばん多くなっています。
1本で致死量は超えていますが、全部飲み込む子どもはほとんどいません。
空き缶などに水を浸してタバコを入れたものを飲んだ場合が最も毒性が高くなります。子どものいる家庭では厳重に注意してください。

薬を間違って食べた!

口の中に残っていれば、すぐ指でかき出して下さい。

直後に観察が必要な点
何の薬を食べたか、内容と量を確認します。
包装・説明書などの参考になるものは、可能な限り病院に持参しましょう。
状態の確認
中毒症状に注意します。食べてすぐなら、興奮状態、意識障害、けいれんがあります。
食べて時間が経過しているなら、肝臓、腎臓、肺など内臓障害が考えられます。
応急処置
口の中に残っているものを指でかき出します。
原則的には、何も飲まずできるだけ早く病院へ連れて行きましょう。
早期なら胃洗浄と解毒剤注入が有効な場合があります。
症状がでる前に病院に連れて行くことが肝心です。
中毒センター
病院に行くまで時間がかかる場合、中毒センターあるいは救急外来に直接電話して指示をあおぐ事をおすすめします。
食べてしまった薬の種類によって飲ませるべきもの、飲ませないほうがよいものがあります。また、無理に吐かせないほうがよい場合もあります。


【日本中毒情報センターの中毒110番】 一般専用電話(無料)
つくば中毒情報センター 029 (852) 9999(毎日9~21時)
大阪中毒情報センター 072 (727) 2499(365日、24時間)

上記に電話すると、応急手当の仕方などを教えてくれます

PageTop