応急手当

外傷の応急手当

傷を手当するときには、以下の事を第一に心がけておかなくてはいけない。

  • 出血を止めること
  • 苦痛をやわらげること
  • 細菌感染を防ぐこと

擦り傷

擦り傷は、皮膚をこすった傷で、浅くても傷の表面が広く、汚れと共にばい菌がつきやすく、出血が少ないのが普通です。水道水などで土やドロをよく洗い流し、清潔なガーゼをあてて包帯をします。

手当
傷口に出来た血の塊は、自然に血が固まって止血されたものなので、むやみに取り除かないようにしましょう。
傷口に直接、綿やガーゼをのせてはいけません。傷口に細かい繊維が残ります。

切り傷

刃物や金属片など、鋭利なものによる傷で、出血が多く、痛みも強く、深い場合は筋肉、腱、神経を切断している事もあります。清潔なガーゼをあてて少し強く包帯をします。(応急手当後、医療機関へ・・・)

手当
軽く切ったくらいの傷ならば、傷口についたバイ菌を出すために、少し出血させてから手当をします。

刺し傷

とがった物が皮膚を突き抜けて刺さって出来る傷で、傷口は小さいが奥が深く、出血はそれほど多くないが感染の危険性が高い傷です。

手当
小さい刺し傷なら、手当の前に少し血を絞り出してから清潔なガーゼをあてて包帯をします。
ガラスの破片や刃物が刺さったときには、血管や神経を傷つける事があるので無理に抜かないようにします。

虫に刺された

蜂に刺されると局所の痛みと腫れが生じます。蜂の毒に過敏な人は、一匹に刺されただけでもショック状態になったり、呼吸停止を起こして死亡する場合があるので注意しましょう。

手当
傷口に針が刺さった場合は、根元から毛抜きで抜くか、横にはらって落とします。
また、針を指でつまむと針の中の毒をさらに注入する事になるので、注意しましょう。
針を直接つまむと介護者に注入されることがある為、注意が必要です。
冷湿布をして、医師の診断を受けましょう。

動物にかまれた

動物に噛まれた傷は、犬、ネズミ、蛇などによるものが主なものです。
動物の菌は不潔なので、特殊な病気ばかりでなく、一般の感染を起こす恐れがあります。

手当
どんな小さな傷でも、石鹸を使い水でよく洗います。
傷の回りも唾液がついているところはよく洗い流しましょう。
清潔なガーゼを当てて包帯をします。
動物などによる咬創(咬まれた傷)は化膿しやすく、動物が病気に感染している事もあるので、必ず医師に診療してもらいましょう。

イヌにかまれた

鋭い歯で噛まれると、深い傷や、裂創(裂けた傷)が出来、子供がかみ殺された例もあるます。イヌに噛まれると、 すぐ狂犬病を心配しますが、現在、我が国では狂犬病の発生はありません。しかし、狂犬病流行国を旅行中に感染したり、流行国から短時間で航空機によって運 ばれたペットから感染する危険はあるので注意が必要です。

狂犬病ウィルスは、必ずしもイヌばかりではなく、ネコ、キツネ、オオカミ、スカンクなどによっても感染する事があります。

手当
すぐに咬創の一般的手当を行います。
感染の危険があるので、速やかに医師の診察を受けさせます。
飼い主のわからないイヌの時には、イヌの特徴などを保健所に届けて、捕獲してもらいます。
(2週間イヌを隔離し観察する。狂犬ならば発病し、必ず死に至ります。)
頭部以外の咬創であれば、人間の発病までには約40日かかるので、イヌの状況を見てから処置する時間的余裕ができます。

ネコにかまれた

ネコにひっかかれたり、かまれたりした数日から数週間後に、キズ口の周囲に赤紫色の隆起、リンパ節の痛みや腫れ、発熱が見られることがあります。これは、 ネコひっかき病といって、特定の細菌がネコノミからネコ、人間に感染する人畜共通感染症で、夏から初冬に多く発生します。

手当
リンパ節の腫大や発熱は、他の病気でも見られるので、発熱が続くようなら必ず医師の診療を受けましょう。
すぐに咬創の一般的手当を行います。

ネズミにかまれた

単に噛まれた傷の化膿だけでなく、微生物が原因で、キズがいったん治った後、また腫れたり、熱を出してくる事もあるので、軽く考えず医師の診断を受けましょう。

手当
咬創の一般的手当を行います。
キズ口はきれいにしましょう。
どんなキズでも感染の危険があるので、必ず医師の診断を受けてください。

ヘビにかまれた

普段から、無毒と有毒ヘビの見分け方を知っておくとよいのですが、とっさの場合、区別がつかない事が多く、日本での毒蛇は、マムシ(日本全土)、ハブ(沖縄、奄美大島)、ヤマカガシ(本州、四国、九州)です。
いずれも、噛まれると腫れと痛みが起こり、適切な応急手当をしないと全身状態が悪くなり死亡する事故も起こります。

手当
手足であれば、キズ口より上部を軽く縛り、毒を絞り出したりします。水があれば血を絞り出しながら洗い流します。毒蛇では、10分間前後でキズ口が腫れてくる。直ちに医療機関に搬送する必要があります。血清の投与など適切な治療をしないと、死亡することもあります。

クラゲに刺された

手当
刺された事がわかったら、すぐ海から上がりましょう。
刺された場所を十分海水(水ではなく)で洗います。
触手が残っている場合は、ピンセットもしくは、木の枝などで取り除きます。
素手で取るのは避けましょう。
痛みがなくなるまで患部を冷やして下さい。
痛みが激しい場合や、刺された表面積が広範囲の場合はすぐに病院へ行きましょう。
予防法
クラゲがいつ発生するか十分把握しておきましょう。
海に着いたらまず岸から沖を観察してください。
クラゲによっては、浮袋を水面に出しているので、すぐ分かります。
見えないクラゲもいるので、海岸を管理しているライフセーバーに聞きましょう。
小さいお子様を連れて海へ行く場合は、特に注意が必要です。

PageTop