応急手当

救急箱について

備えておきたい救急薬品

救急箱には、けが人や急病人が出たときに必要な医療品を常備、備えておきます。
救急箱の中身は、後ほど紹介しますが、家族構成に合わせて、必要な物を追加するようにします。
家族がすぐに分かり、直射日光が当たらない湿気の少ない場所に保管します。
医師など、非常の際の連絡先の電話番号を明記して入れておきましょう。

傷の消毒薬 解熱剤 逆性石鹸 体温計 胃腸薬 風邪薬 小型懐中電灯 かゆみ止め
歯痛止め うがい薬 アンモニア水 重曹 乗り物酔い薬 綿棒 浣腸 三角巾 包帯
はさみ 毛抜き ピンセット 蓄冷剤 油紙 使い捨てカイロ 絆創膏 氷枕 目薬
薬用石鹸 オキシドール

赤ちゃん用救急箱

けがや、事故が起こるのはいつも突然です。その為に、起こる前にしっかりと用意しておきましょう。
救急箱は、赤ちゃんの手の届かない所に置いておきましょう。

健康保健証や母子手帳などは、すぐに取り出せるようひとまとめにしておきましょう。
旅行の予定がある場合は、外出用のアイテムを持っていれば安心ですね!
しかし、くれぐれも赤ちゃん中心の無理の無いスケジュールを心がけましょう!

自宅用救急箱
赤ちゃん用体温計(普段から計り、平熱を知っておく)、はさみ、とげ抜き、ピンセット、かゆみ止め、絆創膏、医療補助テープ(赤ちゃん向きの低刺激性のもの)、包帯・三角巾、滅菌ガーゼ・カット綿、冷却剤(熱が出たときだけでなく、冷やすとこにも利用出来る。)

医療用具は、清潔なのが一番なので、使う前に熱湯消毒をして下さい。
外出用救急箱
健康保健証、乳児医療証、母子手帳、絆創膏、かゆみ止め、滅菌ガーゼ、日焼け止め、はさみ、
ウェットティッシュ(低刺激のベビー用があればその方が良い)

PageTop