応急手当

スポーツ時に起こりやすいケガの応急手当

打撲(打ち身)

頭や胸、腹を強く打った時は、脳内出血や内臓出血の可能性もあり、急に容態が悪化する場合があるので、傷病者に特に変わった症状がなくても必ず医師の診療を受けるようにしましょう。

以下に打撲した部位(場所)別の判断と応急手当の方法を記します。

手と足
皮膚が青くなっている場合、皮下出血です。骨折している事もあります。

患部を冷湿布
腫れがひどく痛みの激しい場合は、早く医療機関へ
目、鼻、口、耳から一筋でも、出血があれば重症です。吐き気、意識障害も重大なことです。

水平に寝かせる。
軽いと思っても安静にして早く医療機関へ。
呼吸が止まったらすぐに人工呼吸。
胸と腹
直後が元気でも、しばらくして急に倒れることがあります。軽いと思っても内臓損傷の場合もあるので、医師の診療を受けさせます。

水平に寝かせる。
飲み物、特にアルコール類は絶対に与えない。
吐く場合は、体を横に向けて、窒息しないようにする。

捻挫

ボール遊びや球技中につき指をすることがよくあります。つき指と言っても単なる打撲の事もありますが、捻挫や脱臼、骨折などの場合もあります。

手当
自分で元に戻さない
包帯や三角巾で固定し、早めに医師の診療を受ける事

アキレス腱断裂

急に激しい運動をすると起こります。中年以上の人の場合は、激しい運動ではなくても切れてしまうことがあるので注意しましょう。

手当
絶対に立ったり歩いたりしないこと。
腹ばいになり足の甲を出来るだけ床面につけるようにして足先を伸ばします。
副木(添え木)を使い、すねから足先まで固定します。速やかに医師の診療を受けましょう。

骨折

  1. 皮膚の色が変わっている。
  2. 形が変わっている。
  3. 腫れている。
  4. 動かしたり、その部位に触れると激しい痛みがある。

などの兆候があれば骨折していると考えられます。骨折しているかわからない場合は、骨折していると仮定して対処をしましょう。

肉離れ

背筋の肉離れは、不自然な格好で重たい荷物を持ち上げた時などに起こります。大腿、下腿などの肉離れはスポーツ外傷に多く、あまり運動をしない人が急に運動したり、筋肉に力が入って収縮しているところを強く打った場合などに起こる。

手当
冷やして安静にする。背筋の場合、マットレスの下に板を入れる。
激しい痛みがあるときは、医師の診療を受けましょう。

突き指

ボール遊びや球技中に突き指をすることがよくあります。突き指と言っても単なる打撲の事もありますが、捻挫や脱臼、骨折などの場合もあります。

手当
自分で元に戻さない
包帯や三角巾で固定し、早めに医師の診断を受けること

PageTop