応急手当

手当で使われるもの

保護ガーゼ

包帯をする前に、傷には適当な大きさと厚みのある保護ガーゼを当てます。保護ガーゼは、圧迫による出血防止(止血)、血液や分泌液の吸収、傷の清潔保持(感染防止)、傷の安静による苦痛の軽減に役にたちます。

包帯

包帯は、傷に当てた保護ガーゼの支持固定や、副木の固定、手や腕を吊るために用います。また、強く巻く事で、出血を止めることもできます。包帯には、巻軸 帯、弾性包帯、救急絆創膏、三角巾、ネット包帯など、いろいろ市販されていますが、目的に応じて使用します。また、関節部などに保護ガーゼを固定するに は、弾性包帯の外、パンティーストッキングなどが便利です。

巻軸帯
巻軸帯(まきじくたい)には、いろいろな幅がありますが、幅5~7cmくらいのものを用意しておくとよいでしょう。また、伸縮性のある弾性包帯があると便利でしょう。
三角巾
三角巾は、傷の大きさに応じて使用でき、広範囲の傷や関節部に包帯をかけたり、手や腕を吊るすのに適しています。三角巾の使用方法を知っていると、風呂敷、スカーフ、バンダナ、シーツなどを応用する事が出来ますので、救急用に便利です。

PageTop