豆知識

骨・関節の病気

私達がからだを自由に動かせるのは、骨や関節のおかげです。骨や関節の病気予防には、運動がもっとも効果的です。骨や関節は、痛みを感じて、初めて異変に気がつく人が多いものです。予防には、なんといっても運動。日頃からからだを動かす事を心掛けましょう。

五十肩

加齢と共に負担のかかった肩が、悲鳴を上げた状態。しかし、肩こりと違って五十肩は必ず治ります。

特徴

肩を動かすと痛い、肩が上がらない、50歳ぐらいで起こる。この3つが全て揃った状態が『五十肩』です。肩が上がらないだけなら、他の病気の可能性があります。五十肩に隠れた病気もあります。『上腕二頭筋腱鞘炎』『変性性腱板炎』『石灰沈着性腱板炎』などです。これらの病気は、運動が原因だったり、かかる年齢がやや高かったり、右肩に多く発症したり、激痛が走ったりと、いわゆる五十肩とは少し異なります。

原因

肩は起きている間、ずっとぶら下がった状態です。この間、肩に関係する筋肉は緊張のしっぱなしです。それが加齢とともに蓄積し続け、悲鳴を上げたのが、五十肩です。起きても不思議のない病気なのです。

治療法

急性期(初期の2~3日)には、肩の運動を制限して安静を保ち、痛みを誘発しないようにします。腫れたり、熱を持っているようなら冷やします。鎮痛消炎の為に、局所注射をすることもあります。痛みが治まってきたら保温し、血行をよくして肩を動かしやすくします。この場合の保温は、冷やさないということです。布団から肩を出さないようにする。など肩を冷やさない工夫を心掛けましょう。急性期を過ぎたら、少しずつ肩を動かすようにしてください。

腰痛

原因の大半は、腰の筋肉疲労によるものです。しかし、他の病気が隠れている場合もあります。

特徴

急いで病院に行ったほうがいい腰痛と、自宅で様子をみるだけでいい腰痛があります。急いで病院にいったほうがいいのは、激しい痛みがある。安静していても痛い。下肢にしびれがある。排尿、排便困難がある。さらに、発熱、嘔吐、血尿があるなどの場合です。安静にしていても、痛みがあり、しかも、だんだん痛くなるような場合には、がんや細菌が脊椎や骨盤に侵入していることもあります。逆に、安静にしていれば痛みが治まる、痛むのは腰だけ、という場合は、しばらく様子をみてから病院にいってもいいでしょう。

原因

背骨や筋肉に原因がある場合、普段から悪い姿勢をとっていたり、長時間労働の結果、筋肉に疲労がたまった時に起こります。整形外科で診療してもらいましょう。内臓の病気からくる腰痛もあります。癌もそうですが、『腹部大動脈瘤』があって腰痛が起こることもあります。そのほか、胃の病気、腎臓、脾臓の病気、女性では、子宮や卵巣の病気なども原因になります。

治療法

良い姿勢を保ち、運動で腰の筋肉を鍛える。病院にすぐに行かなくてもいい腰痛の場合、まず、横になり、痛みが和らぐような姿勢とって安静にしています。数日~1週間ぐらい安静に過ごせば、痛みは次第に消えていくはずです。腰にじわじわとした重苦しい痛みが続いている場合、多くは普段からの日常の運動不足や悪い姿勢、長時間同じ姿勢をしていることに原因があります。こうしたことを改善するとともに、腰を使う場面での注意が必要です。また、日頃から水泳やウォーキングをして、腰や足の筋肉を鍛えておくことも大切です。

椎間板ヘルニア

骨を支える『髄核』が減る事で起こります。日頃からからだを鍛えて予防しましょう。

特徴

『椎間板ヘルニア』は、代表的な腰痛の原因の一つです。お尻からふくらはぎにかけて、しびれや痛みを伴い、特にからだを動かそうとしたときに、痛みが走ります。重い荷物などを持ったときに突然起こるタイプと次第に症状が進行するタイプがあります。

原因

背骨を構成する骨と骨の間にあってクッションのような働きをしているのが椎間板です。この椎間板の中心には、『髄核』と言うゼラチン状のものがあります。この髄核は、加齢とともに弾力を失ってきます。その状態に、重い物を急に持ち上げたり、悪い姿勢を続けているうちに生じる力が働いて、髄核は飛び出したり、膨らんだりした結果、神経を圧迫するために起こるのです。

治療法

痛みを抑える『消炎鎮痛剤』、痛筋肉を和らげる『筋弛緩剤』などの薬物療法が有効です。痛みが治まったら、無理しない範囲で動いたほうがいいと言われています。手術は、はみ出した髄核を取り除く方法ですが、顕微鏡を挿入しておこなうものや、レーザーで髄核を焼いてしまうものなどがあります。一長一短ありますので、医師と相談して、じっくり選ぶようにしましょう。また、日頃から正しい姿勢を心がけ、腰の負担となるような急激な動作は避けるようにしましょう。

骨粗鬆症

わが国の骨粗鬆症の患者は1000万人にものぼります。予防する意識と取り組みが非常に大切な病気です。

特徴

骨粗鬆症になると全身の骨が弱くなっている為、骨折しやすくなります。ひどい場合は、寝返りをうっただけでも折れてしまうということもあります。背骨、足の付け根の骨、手首、腕も付け根の骨が折れる事が多く、特に足の付け根の骨折は、寝たきりになる原因として大きな問題になっています。寝たきりになる原因の第一位は『脳卒中』、第二位は『老衰』、第三位は『骨粗鬆症』です。

原因

骨は、18歳で完成し後は徐々に減っていきます。骨粗鬆症は老化現象とも言えます。老化の早さより以上に骨が弱くなるのが問題です。骨の中のカルシウムが減っていくのが骨粗鬆症です。カルシウム不足にならないのが、骨粗鬆症の最大の予防法といえます。

治療法

まず、骨量(骨密度)を測ってみましょう。かかとに超音波を当てて調べる方法なら、比較的簡単に出来、病院、保健所で検査できます。骨量が不足しているのが解れば、骨の形成と吸収を調節する『カルシウム製剤』や『ビタミンD剤』の服用が考えられます。そのほか、骨の吸収を抑える『女性ホルモン剤』『カルシトニン』、骨の形成を助ける『ビタミンK2剤』などが、用いられます。

変形性膝関節症

高齢者の膝痛の原因でもっとも多い病気です。肥満気味の女性は要注意。減量や運動を心がけましょう。

特徴

最初の症状は、朝起きて、歩き始めたときの“ひざの違和感”です。進行すると、階段の昇り降り、正座、深く膝を曲げたりしたときに痛むようになります。膝の関節に水がたまって腫れてくることもあり、これを『関節水腫』と呼びます。

原因

中高年に多い病気で、特に肥満気味の女性がかかりやすいといわれています。また、若いときに関節の怪我をしたことが原因となる場合もあります。O脚の人は、体重が膝の内側にかかりやすいようです。詳しい原因はわかっていません。

治療法

まずは、膝への負担をなくすため、体重を減らし、膝周りの筋肉を鍛えましょう。痛みがあるときは、膝に体重をかけないような鍛え方が良いでしょう。『関節水腫』が出来た場合は、水を抜きましょう。水がたまってくると、関節内の圧力が高まり、かえって膝が動かしにくくなります。O脚の人は、重心のかたよりを調節します。

外反母趾

外反母趾は、靴はもちろん、筋肉の衰えも深く関係しています。足に負担をかけない靴を選びましょう。

特徴

足の親指が小指側に曲がってくる病気です。正常な状態でも、内側に5~10度ほど曲がっているものですが、外反母趾になると、その角度は大きくなり、軽い場合は15~20度、重症になると20度以上の曲がってしまいます。足の親指が内側に曲がると、関節が靴に当たって、赤く腫れ、痛みを覚えるようになります。

原因

靴だけではなく、筋力の低下の大いに関係があります。外反母趾になる年齢をみると、10歳前後で起こるものと、40歳以降に起こるものがあります。10歳前後の場合は遺伝的要素が強いのですが、中高年以降では、長年にわたる靴の影響に加え、体重の増加と筋力の衰えによるものと考えられます。

治療法

足に変形があっても痛みが強くない人、外反母趾の程度の軽い人は、足の親指と第二指の間に矯正具を入れたり、土踏まずに矯正具を入れる方法があります。痛みがひどくなると手術が必要です。

PageTop