豆知識

健康食品の基礎知識

健康食品という言葉は、法律上ははっきりと定義づけられていません。
一般的には、食品のうち「ふつうの食品よりも健康によいと称して売られている食品」のことをさしています。現在、このいわゆる健康食品に関する単独の法律はなく、食品表示法、食品衛生法、健康増進法、医薬品医療機器等法等の規制を受けています。
分かりやすく大きく分けると、「特定の機能の表示などができるもの(保健機能食品)」と
「そうでないもの」の2つに分けられます。

health_foods01

機能の表示が出来るもの(保健機能食品)にも3つの分類があります。

保健機能食品

○ 特定保健用食品(通称トクホ)

健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

health_foods_txt01

栄養機能食品

一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のため に利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届出などしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することができます。

機能性表示食品

⇒平成27年4月から施行
事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に、安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

health_foods_txt02

PageTop