豆知識

心臓病

狭心症

特徴

『労作性狭心症』と『安静時狭心症』の2種類があります。労作性狭心症は、階段の昇降や、運動中、興奮状態のとき、食事中、排便中、あるいは起床直後や寒い朝などに起こりやすいものです。発生は、安静にしていれば数分~十数分でおさまる場合がほとんどです。『安静時狭心症』は、これといった誘因の見当たらない安静時に起こるもので、労作性狭心症よりも発作は長く続く傾向があります。

原因

冠動脈の動脈硬化が進み、血管への負担に、階段の昇降のような酸素を必要とする動作が加わると、心筋が酸素不足となり発作が起きてしまいます。動脈硬化を招く、『高血圧症』『高脂血症』『肥満』『喫煙』などは、狭心症の危険要素です。胸の痛みや圧迫感を経験したら、心筋梗塞に移行する危険があるので、早めの医師の診断を受けましょう。

治療法

基本的には、薬物療法を用います。また、『ニトログリセリン』などの薬を常に携帯し、発作時に用いて短時間で発作を抑えるようにします。発作が長く続くような場合は、『冠動脈造影検査(PTC)』を行い、治療方針を決めます。

心筋梗塞

特徴

冠動脈がつまって血流が止まり、心筋に酸素も栄養も届かなくなるため、心筋の細胞が壊死して起こる病気です。痛みは、狭心症よりも強く、数十分から数時間に及びます。狭心症と異なり、『ニトログリセリン』は効果がない場合がほとんどです。心筋梗塞は、発作したその日になくなる可能性もある、危険な病気です。発作が起きたら安静にし、早急に救急車を呼び、循環器専門の病院に運ぶ事が大切です。

原因

心筋梗塞は、狭心症から移行して起こる場合と突然に発病する場合が半々であるといわれています。

治療法

発症直後は、酸素吸入をし、鎮痛薬、不整脈を抑える薬、心不全を防ぐ薬などを用います。一般的な手術方法は、『血栓溶解療法』『大動脈内バルーンパンピング』『冠動脈バイパス』の3種類です。

PageTop