豆知識

薬の種類と使い方

内服薬

いわゆる飲み薬で、経口剤と呼ばれます。多くは胃で溶けて、腸から吸収され体内に入ります。体内では血流にのって、体のさまざまな場所で効果を発揮します。その後、肝臓や腎臓で処理され、ほとんどが尿として排泄されます。

  • 錠剤・丸薬・カプセル薬
    コップ一杯ほどの十分な水又はぬるま湯で服用します。腸溶錠(腸で溶ける設計)など噛んだり、割ってはいけない場合もあり、どうしても飲めない場合は、薬剤師、登録販売者など専門家にご相談ください。
  • 散剤・顆粒剤
    まず、口に水またはぬるま湯を含ませ、薬を静かに舌の奥の方へ入れ、水またはぬるま湯と一緒に飲み込みます。水またはぬるま湯は十分めに飲みます。一般に散剤・顆粒剤は飲みにくいものが多いので、オブラートに包んで飲むと良いでしょう。乳児の場合は、少量の水で練って上あごになすりつけたり、砂糖を混ぜるなど工夫します。生薬配合の散剤・顆粒剤では「苦味や香りが胃の働きを高める」など、そのまま飲んだ方が本来の効果が得られるものがあります。詳しくは、薬剤師、登録販売者など専門家にご相談ください。
  • 液剤・シロップ剤
    定められた1回量を正確に量って服用ください。使用後は容器の口元についたシロップなどをきれいにふいてからキャップをします。(容器から直接飲むのは、汚染されることになるので厳禁) また、1瓶を1回で服用するものもあります。変色や沈殿がないかどうかを確認します。(注意:生薬エキス製剤では沈殿しているものもあり、容器をよく振り、服用ください。)
  • トローチ剤、チュアブル錠
    トローチ剤:口に含ませ、飲み込まずに溶かして粘膜で吸収させます。
    チュアブル錠:噛みながら口の中で溶かしてそのまま服用します。

薬の飲み方

体を起こして飲みましょう

  • 寝たままで飲むと薬が喉や食道に長くとどまり、潰瘍の原因になります。
  • 寝たままで飲むと食道通過に時間がかかり、薬の効果が悪くなります。少なくとも90秒間は起きた状態でいてください。
  • 寝たきりの老人や病人には、体を起こして薬を飲ませてあげましょう。

コップ一杯の水またはぬるま湯で飲みましょう

  • 飲む水またはぬるま湯の量が少ないと薬が食道にひっかかって、食道炎や潰瘍を作ったりすることがあります。(特に、中高年世代以上の方は注意ください)
  • 胃の悪い人は、水よりもぬるま湯で飲むと良いでしょう。ぬるま湯は胃の温度を下げないので胃の活動を妨害されず薬の吸収が良くなります。
  • 一緒に飲むとダメな物
    • 【牛 乳】
      牛乳や乳製品は、胃のpHを上げる働きが強い食品です。薬によって効き目が低下し、効果の発現に時間がかかることがあります。
    • 【ジュース】
      薬によっては吸収が低下することがあります。病院で処方されるコレステロールや血圧の薬は、グレープフルーツジュースと一緒に飲むと、効果が強く出たり、副作用が現れやすくなります。
    • 【コーヒー&お茶】
      薬の中にカフェインが含まれているものがあり、一緒に飲むと、カフェインの摂り過ぎで興奮して眠れなくなることがあります。
    • 【アルコール飲料】
      薬の効き目が強く出たり、副作用が現れやすくなります。

外用剤

皮膚に貼ったり、塗ったりする薬です。

  • 軟膏・クリーム剤
    使用前後は、手をよく洗いましょう。
    油脂をベースにしたものが軟膏剤で、傷などにも刺激が少なく水をはじき、保護効果があります。
    油と水を乳化させたものがクリーム剤です。よく伸び、べたつかないので広い患部にも使いやすいのが特徴です。患部を清潔にしてから使いましょう。
  • 点眼剤(目薬)
    雑菌が入らないように、容器がまつげなどに触れないよう点眼してください。
    目薬は、例え家族の間でも使い回しは止めましょう。(感染のおそれがあります)
  • 坐剤
    肛門から挿入する薬で、肛門内で溶けて成分を放出します。
    痔の薬や解熱鎮痛薬などがあります。
    「入れにくい」「出てくる」という場合は、先端部を体温で温め滑りをよくしてから使用ください。
  • 点鼻剤
    鼻の穴に容器を直接入れ、薬剤を鼻粘膜に噴霧する薬で、鼻炎薬としてよく利用される剤型です。
    鼻をよくかんでから使います。使用後は先端をきれいにふいてからキャップをしてください。
  • 貼付剤(貼り薬)
    患部に貼って使う薬で、主に痛いと炎症を抑える薬の成分を皮膚から体内に浸透させます。
    患部の汗や水分をよくふき取ってから、しわが寄らないように貼付します。

貼り薬の使い方

湿布は痛みを和らげ、炎症を鎮め、患部の回復を早める働きをします。これには、冷湿布と温湿布の2つの方法があります。

冷湿布

冷やすことによって、皮膚血管を収縮して血行は緩徐(かんじょ:ゆるやか)となり、赤く腫れたり、熱を持った状態の炎症を鎮め、痛みを抑えます。

温湿布

温めることによって、皮膚血管を拡張して、血行を良くし、炎症及び疼痛を緩和します。

主な病気、症状による湿布の使い分け

病気・症状 使い分け 注意事項
ねんざ 冷湿布 腫れが引くまで冷やす
打撲 はじめ冷やし、その後温湿布 2~3日間冷やす。外傷があるときは傷の処置をしてから周囲を冷やす
腰痛 温湿布 入浴も有効
関節リウマチ 温湿布 入浴も有効
神経痛 温湿布 入浴も有効
肩こり 温湿布 入浴も有効
腹痛 温湿布 但し、虫垂炎の疑いがあるときは温めるのは禁物
骨折 どちらも禁物 医師の診断を受ける。

使用及び保管上の注意

  1. 温布薬(貼り薬)にかぶれ易い体質の方は、炎症部にガーゼを当てて、その上に貼布する事も一つの方法です。
  2. 発汗時には、患部の汗をよく拭き取る。
  3. 保存の際は、直射日光や高温の場所を避けてください。
  4. 開封後は、特に袋の取り出し口を折り曲げて、外気に触れないように保存してください。
  5. 入浴の30分前と30分後は貼らないで下さい(湿疹、かゆみ、腫れの原因になります)。

貼り薬の上手な貼り方

伸縮性に優れた支持体や粘着性に優れた基剤の採用により、近年の貼り薬はかつてのように剥れやすいという難点が克服されてきました。
しかし、特に剥れやすい関節部へ貼付する際は、切れ目を入れたりカットするなど、ほんのチョット工夫を加えることで、より高いフィット感を得ることができます。
貼り薬の上手な貼り方のいろいろを紹介します。

medical_img

PageTop