豆知識

服用(飲む)時間を守る

飲み薬は、体内の目的の場所でもっとも効果が発揮されるよう、また、思わぬ副作用を起こさないよう、飲む時間や1回量などが工夫されています。説明書(添付文書)には、薬に応じた用法・容量が記載されているので、よく読んで正しい服用方法を守りましょう。

食前…食事の30分くらい前

  • 食前は胃が空っぽの状態です。
  • 次のような薬は、食前に飲むともっとも効果を発揮します。
    • ◎直接胃粘膜に接して効果を出す薬
    • ◎食事の前に胃の働きをよくし、食欲を増す薬
    • ◎食べ物と一緒でない方が吸収や効果がよい薬

※注意:薬によっては、食直前の服用がありますので、服用前に、医師、薬剤師、登録販売者など専門家に、ご相談ください。

食後…食後30分くらいまで

食後の胃の状態は、消化活動が盛んな為、血流が良くなっており、薬の吸収がよくなります。多くの薬は一定時間ごとの服用の為にこの指示がされています。もし、飲み忘れるようでしたら、食後の後すぐ(食直後)に服用してもかまいません。一度、医師、薬剤師に確認してみて下さい。

  • 食事で胃が膨らんでいる状態です。
  •  次のような薬は、食後に飲むとよいでしょう。
    • ◎胃の消化を助け、胃もたれなどを防ぐ薬
    • ◎食べ物と一緒の方が、吸収や効果がよい薬
    • ◎胃に障害を起こしやすい薬(食べ物が胃粘膜への刺激を和らげてくれます)

※注意:薬によっては、食直後の服用がありますので、服用前に、医師、薬剤師、登録販売者など専門家に、ご相談ください。

食間…食後およそ2時間くらい

  • 食事と次の食事の間のことで、食事の最中ではありません。
  • 次のような薬は、食間に飲むとよいでしょう。
    • ◎直接胃粘膜に接して効果を出す薬
    • ◎食べ物と一緒でない方が吸収や効果がよい薬
      (多くの漢方薬は「食前・食間」の服用となっています)

寝る前…就寝およそ30分くらい前

  • 次のような薬は、寝る前に飲むともっとも効果を発揮します。
    • ◎寝ている間に効果を現す薬
    • ◎睡眠を改善する薬
    • ◎翌朝にお通じがあるように服用する便秘薬などあります。

頓服(とんぷく)…必要に応じて服用

  • 「1日1回」や「毎食後」など、決められた時に飲むのではなく、発作時や症状のひどい時などに、必要に応じてのむ薬のことです。
  • 一般用医薬品(配置薬など)では解熱剤、下剤、鎮痛剤が該当します。また、医療用では狭心症発作を止める薬、喘息発作を止める薬、検査薬、睡眠剤などがあり、いずれも医師の指示を良く守って服用してください。すぐに効かないからと何回も飲むのは非常に危険です。

PageTop